興国インテックグループ
地元・栃木から、ゴム部品をとおして、グローバル社会へ。

産業界の“小さな大物”――ゴム部品。興国インテックグループは、さまざまなメーカーの製品を支える、高機能・高性能ゴム部品を供給しています。
栃木ゴム株式会社は、興国インテックグループの中でも、自動車関連、とくにトラック・バスなど大型車両に搭載されるホース類やシール類を主力に生産しています。

こうしたゴム部品は、多品種少量生産が多く、“人の技術が、会社の生命線”ともいわれます。だからこそ、つねに「新しい人」を求めます。「新しい技術」を求めます。社員が技術という強力なスキルを身につけたとき、社員も、会社も成長すると考えます。

栃木から、メーカーの製品をとおして、世界へ――。私たちの技術とその結晶“高機能・高性能ゴム部品”が、グローバル社会のいたるところでお役に立っています。

会社概要[2013年(平成23年) 10月1日現在]
会社名(商号) 栃木ゴム株式会社
TOCHIGI RUBBER CO., LTD.
本社所在地 〒329-1411 栃木県さくら市鷲宿4573
電話 028-686-5075
ファクシミリ 028-686-5068
代表者 取締役社長 江野眞一郎
創業 1969(昭和44)年4月1日
設立 1998(平成10)年12月16日
資本金 10,000,000円
売上高 1,145百万円 (2013年6月期実績)
従業員数 86名 (2013年9月末)
平均年齢 37.4歳 (2013年9月末)
事業内容 工業用ゴム部品の開発・製造・販売
取引銀行 三菱東京UFJ銀行、足利銀行、栃木銀行
主な納入先 (五十音順) 石川島播磨、いすゞ自動車、クボタ、コマツ、酒井重工業、
住友建機、住友ナコ、TCM、東芝、日産ディーゼル、
ハネウェルジャパン、日野自動車、富士重工業、本田技研、
三菱重工業、三菱ふそう、ヤマハマリン
沿革
1969年 昭和44年 1924(大正13年)から創業する「瀧野ゴム工業所」(現 興 国インテック株式会社)の向島工場(東京)閉鎖に伴ない、 押出ゴム製品・ディッピング加工を引き継いで「株式会社瀧野ゴム製作所」を設立。
1991年 平成3年 向島から栃木県喜連川町(現 さくら市)に工場を移転。
1998年 平成10年 興国インテック株式会社の全額出資「栃木ゴム株式会社」を設立し、株式会社瀧野ゴム製作所の全事業を移管。
2005年 平成17年 第二工場を増設。
品質マネジメントシステム規格
ISO9001認証取得
アクセスMAP
| 会社概要 | 会社紹介 | 新卒採用 | キャリア採用 |